So-net無料ブログ作成

移植後12日目 [二人目 採卵新鮮胚移植]

移植してから12日経ちます。
移植した日からお腹がチクチクしたり、足の付け根が痛かったりしたけど、最近はあんまり痛くない。
むしろ生理前のようなお腹の痛みが時々あります。
移植後9日目からうっすら茶色のオリモノがあります。
デュファストン飲んでても生理が来たことがあるので、着床出血なのか生理なのかであれこれ検索したり思い悩んだりしてます。
胸の張りはなく、ただただ明日にでも生理が来そう。
下痢をした日もあったし、どうなんだろうなぁ。
今回ダメだったら、8月は病院休みだったりするし、9月に移植かなぁ。

今回の卵は一番良さそうだったから、期待してるんだけどな。
nice!(0)  トラックバック(0) 

移植後5日目 [二人目 採卵新鮮胚移植]

移植した日から3日間ぐらいは、お腹がチクチクしたり股関節がググッと痛かったけど、5日目にもなると殆ど感じなくなりました。
日に日に体調は改善していて、今はほぼ普通の体調です。
採卵の影響もなくなったんじゃないかな?
チクチク痛かった時はもしかしたら着床?って思ったりして、すっかり妊娠したと思ってたけど、今日は駄目かもってネガティブな気分。
娘に妹か弟をって思うんだけど、贅沢なのかなぁ。
時々薬を飲み忘れるけど、1日置きに注射してるからそこまで影響ないでしょう。
早く判定日来ないかなぁ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

移植したけど [二人目 採卵新鮮胚移植]

19日に移植しました。5個ある受精卵のうち一番成長が早い桑実胚を移植しました。
残りのうち1個は初期胚で凍結。他の3個は培養を続けたところ、1個は胚盤胞で凍結できたけど、2個は胚盤胞っぽくはなったけどグレードが低く廃棄になりました。
初期胚と胚盤胞の合計2個だけになっちゃいました‥。

移植は、前回は死ぬほど痛くて時間がかかったけど、スムーズにチューブも入って直ぐ終わりました。
先生は『成長が早くて桑実胚になってるからスゴくいいよ、大丈夫だからね。』と言ってくれました。大丈夫って言われてもなぁ~妊娠するか分かんないしって心の中で皮肉ってました。
移植には慣れたもので、移植前の待ち時間にベッドで横になってたら寝てしまうぐらいリラックスしてました。
移植後30分ぐらい横になってたけど、これ以上ここに居たら爆睡しそうだったので、帰ることにしました。
黄体ホルモンの注射とお金を払って帰りました。
その後体調はあまり良くなくて、めまいがしたり気分も悪かったので週末はゆっくり過ごしました。
時々お腹がチクチクしたり、股関節の部分が痛かったりするけど、前回妊娠した時そんな症状なかった気がするし、採卵の影響かもしれない。
でも先生の『大丈夫』って言葉に妙に期待してる自分がいます。
でも今日ホルモン値の採血に行ったら、黄体ホルモンが足りないみたいで、1日置きに注射に行くことになりました。
妊娠デキるのか?と不安にもなってきました。
とにかく判定日まではやれることをやるだけです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

治療記録 [二人目 採卵新鮮胚移植]

忘れそうだから記録しておきます。

結局通院と仕事、保育園の送り迎えを考え、転院はしませんでした。


前回移植したけど生理が来てしまい、その生理が2週間ぐらい続きました。
その後再び生理が来て2日目に診察に行くと、卵巣が7センチぐらいに腫れてると言われました。でもピルを飲むお休み周期なので問題ないけど、卵巣が元に戻ったか確認するために、ピルを飲んで28日目に再び診察。
一応卵巣は大丈夫そうなので、採卵に向けて点鼻薬が始まりました。
ピルは30日間飲み、その4日後に生理が来たので、再び来院。
血液検査の結果を1時間程待ち、診察。ホルモン値は問題なしで、右の卵巣が少し腫れ気味だけど大丈夫らしい。
それから4日間連続で注射を打ち、5日目に診察。

残存卵胞があった方の卵胞は反応が悪いみたいだけど、5個ぐらいはあるみたい。本当は15日が採卵にベストだけど、病院が休みだから注射を1日置きに減らして、9日目に再び診察。
連休前でスゴく待たされた~でも卵は8個ぐらい育ってるから、採卵日は16日に確定しました。
診察の後最後の卵胞を育てる注射を打ち、翌日の朝採血に病院に行き、夜20時に再びhcg注射を打ちに病院へ行きました。
毎日ヘトヘトです。
採卵日当日は一番乗りだったのに、採卵は一番最後でした。
何だか不満でした。
ようやく私の順番が来て、診察台に乗ると直ぐに先生が麻酔薬を点滴のチューブから入れて、独特の匂いがイヤだなって思ってたらもう次に起きたときには、休憩のベッドの上でした。
麻酔が深かったみたいで、全く記憶がありませんでした。
培養士さんから説明があり、『採卵数は6個ですが、精子の数は多いが直進運動する精子がいないので、顕微受精じゃないと難しい』とのこと。
仕方ないので全部顕微受精にしてもらいました。
麻酔薬の影響でなかなか病院から出れず、こんな体調なのに1人で帰らなきゃいけないとか旦那さんの精子の状態に対するショックとか色んな気持ちが込み上げてきました。
とにかく翌日まで受精確認の連絡を待ちました。
翌日職場に着くなり病院から連絡があり、6個のうち1個は膜の処理をした時に変性してしまったらしい。でも残りの5個は無事に受精したそうです。
卵巣とホルモンの状態に問題がないようなので、19日に移植予定です。
無事に受精卵が成長してますように‥
直進運動する精子が居なくても受精するものなんだ~

nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。