So-net無料ブログ作成
検索選択
子宮頚管手術周期 ブログトップ

手術後の状態 [子宮頚管手術周期]

術後すぐは、水のようなオリモノ?が失禁したかと思うぐらいの量出て、それに混じって出血もありました。
それが徐々に徐々に改善されたと思ったら、生理の時にたまに出る血の塊のようなものが出てきて、これは??とびっくりしました。
先生は、内膜と卵胞の状態が良ければ移植しますと言っていたけど、昨日診察に行ったらやっぱり状態は良くなく、挙句の果てに今日は出血が悪化しています。

子宮頸管からというよりは、内膜からの出血かもしれません。
生理が長いのか、不正出血なのか分からないけど、採卵を始めた時からずっとホルモン補充とかしてきたから身体が疲れちゃったのかな[たらーっ(汗)]
そう思うと次の周期も期待できないけど、とにかく自然に任せて休みたいと思います。
私の中で、この病院にお世話になる最後の移植だと決めています。
とっとと移植を終わらせて次の病院へという気持ちもあるけど、1つ1つ問題点を消していかないとなと思いじっくり頑張ります。

手術をして柔らかいチューブが通るようになった。
そのおかげで子宮に無用な刺激を与えずに移植できるはずです。
あとは、自然周期で内膜が整い、排卵のタイミングに合わせて移植できれば、今の私にできるベストな条件をクリアできるはず。

それまで、じっくりと・・・。
nice!(0)  トラックバック(0) 

手術 [子宮頚管手術周期]

今回は、生理の量が多くて手術ができるのか不安でした。
しかも、生理が始まってから7~9日後に手術って言われてたのに、ベットの数の関係で6日後になってしまった[たらーっ(汗)]

手術の前日にラミナリアという子宮頚管を広げる器具を入れておいて、当日手術しやすくするらしい。
それをおとついの日に入れにいったけど、痛くて痛くて[もうやだ~(悲しい顔)]
すんなり入るなら手術は要らないよね・・[たらーっ(汗)]

何とか器具が入っても痛みが続いて、旦那さんに迎えに来てもらいました。
そして、手術当日は8時前に病院に行きました。
すぐに点滴とか血圧測定されました。
そして、手術室に入ると、腰に麻酔を打たれました。
すぐに足がしびれた感じがして、鎮静剤のようなものを点滴から入れられたので、眠い感じもあってあっという間に手術が終わりました。

それからは寒くて寒くて[がく~(落胆した顔)]
麻酔のせいで下半身が冷たい感じでした。
起き上がることはできるけど、足はずっとしびれた感じ・・・。

それからぐっすり寝たりして、ご飯を食べたりして過ごしました。

3時ぐらいに旦那さんが来て、自分でトイレに行けるようになったら帰れるとのことだったのでトイレへ[ダッシュ(走り出すさま)]
正直尿意なんかなかったので、チョロっとしか出なかったけどまあ大丈夫だろう。

それにしても、地震?長いな~って思ってました。
まあ、何も考えずに着替えを済まし、お会計を済ませて帰りました。

帰りの車の中で、津波の情報を見てびっくりしました。
そんな地震だったとは[がく~(落胆した顔)]

もしあの時自分のいる場所であのような津波が起こったら、私は術衣で流されて死んでいたでしょう。

ここ最近、職場の友達の妊娠で心が荒んでました。

職場の人に励ましの言葉をもらって救われた気がしてたけど、やっぱり辛い気持ち。
早く妊娠したいのに、私は子宮頚管の手術をしてる。
不平等だよね、なんて考えて。

でも、地震のニュースを見てがんばらなきゃなって思いました。

もう少し、がんばってみようと思います。

nice!(0)  トラックバック(0) 
子宮頚管手術周期 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。